料理

【簡単手作り】なめたけを作ってみよう!

こんばんは、かんめもです。

なめたけって白ご飯によく合って美味しいですよね。とっても簡単に手作りできるので作ってみませんか?

なめたけの材料のエノキタケの話から入るので、レシピを探してきた方は目次から一番下に飛んでくださいね。

エノキタケってどんなきのこ?種類はあるの?

スーパーで一年中売っているエノキタケですが、実はあの白いエノキタケは全て栽培されたもので野生のエノキタケではありません。本来のエノキタケは傘も広く(5~8cm)茶色いきのこですが、日を遮って冷蔵施設で育てることでよく見る白くひょろひょろしたエノキタケが作られています。

天然のエノキタケは雪に埋もれていても生えることから「ユキノシタ」とも呼ばれています。秋の終わりから冬が旬なので見つけたら食べ比べてみるのも面白いですよ!

エノキタケの栄養

エノキタケの約90%は水分ですが、エルゴステロール、ビタミンB₂、食物繊維など色々な栄養素があり手ごろな値段の野菜なので積極的に取り入れましょう。

かんめも
かんめも
エノキタケには食物繊維が約3.9%も含まれています!

キノコキトサン~食物繊維~

キノコキトサンはキノコに含まれているキトサン、βーグルカンなどで構成される食物繊維のことです。脂肪分を吸着してくれるため整腸作用、便通改善やダイエット効果も期待できます。

エルゴステロール~ビタミンDのもと~

エルゴステロールはビタミンD₂の素になるプロビタミンD₂で、紫外線があたることによりビタミンD₂に変化します。

エノキタケの選び方と保存方法

なるべく白く柄が太いものを選びましょう。袋の中に水滴がついているのは傷みかけている可能性があるので避けてください。

乾燥しないように袋にいれたまま冷蔵庫で保存して、傷みやすいので3~4日で使い切りましょう。

なめたけを手作りしよう!

味にくせがないので炒め物、鍋、茹でてから和え物に加えるなど色々な料理に合いますね。安い時にまとめ買いしてなめたけをつくるのもお勧めです!

《簡単手作りなめたけ》

〇材料〇

・エノキタケ×1袋、

・A(醤油・料理酒・みりん×各大匙2、はちみつ×大匙1、砂糖×小匙1)

・酢×小1

  1. エノキタケは下の部分を切り落として、3等分に切る。
  2. 鍋にエノキタケをほぐし入れ、Aの調味料も加えて火にかける。
  3. 焦がさないようにかき混ぜながら水分が少なくなるまで煮詰める。
  4. 最後に酢を加えて混ぜたら完成。

〇栄養成分〇

247kcal、タンパク質5.7g、食塩相当量5.2g

上記のレシピで作ると出来上がりがこのくらいの量になります。塩分が多いので食べすぎには気を付けてくださいね。

ではまた!

 

『オールフォト食材図鑑』荒川信彦・唯是康彦/社団法人 全国調理師養成施設協会

『食品学ー食品成分と機能性ー』久保田紀久枝・森光康次郎/東京化学同人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です