旬の食べ物・行事

【旬の食材・夏】南瓜は種類によって栄養が違う?

こんばんは、かんめもです。

一年中売っている南瓜ですが、夏野菜の一種になります。旬は過ぎていますが、寒くなってきたのであったかいポタージュを作ってみるのはいかがでしょうか。

南瓜ってどこから伝わったの?

南瓜にも色々種類がありますが、日本南瓜は16世紀にカンボジアから、西洋南瓜は19世紀にアメリカから伝わって品種改良されて全国に栽培が広まりました。

かんめも
かんめも
国内の生産量は西洋南瓜のほうが多くなっています。

南瓜の種類

日本南瓜(二ホンカボチャ)

西洋南瓜と比べると甘味が少なく、肉質がねっとりしていて煮崩れしにくいのが特徴です。醤油と相性が良いので日本料理に使うなら日本南瓜がお勧めですよ。

西洋南瓜(セイヨウカボチャ)

日本南瓜と比べると甘味が強くほくほくした食感なのが特徴です。黒皮甘栗、デリシャス、えびすなど色々な品種がありますが、えびす南瓜が主流となっています。

栗南瓜(クリカボチャ)

西洋南瓜の中でも栗のような濃い甘さがあるのが特徴です。

ペポカボチャ

西洋南瓜のなかでも甘味が薄く、白いテーブルクイーンやズッキーニなどの種類があります。

南瓜の栄養

実は日本南瓜と西洋南瓜は含まれている栄養価が違います。カロリーを抑えたい時は日本南瓜を選びましょう!

100g中 水分(g) 炭水化物(g) カロテン(μg) ビタミンC(mg) カロリー
日本南瓜 86.7 10.9 730 16 49
西洋南瓜 76.2 20.6 4000μg 43 91

 

南瓜の選び方と保存方法

日本南瓜は表面の凹凸がたくさんあって白い粉がついているもの、西洋南瓜は表面に光沢がってつやつやしているものを選びましょう。どちらも持ってみて重いほうがいいですよ。

南瓜を保存する時は、中の綿と種を取り除いてからラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。カットされて売っている南瓜は、種をそのままにしているとそこから傷んでしまうので注意が必要です。

南瓜のお勧め調理法

煮ても焼いてもお菓子にしても美味しい南瓜ですが、ポタージュを作ってみてはどうでしょうか。柔らかく煮ればミキサーが無くても滑らかに作れますよ!

《カボチャのスープ》4人分

〇材料〇

・南瓜×約400g

・水×200ml

・牛乳×100ml

・コンソメ1個(5g)、塩×小1/4

  1. 南瓜の皮と種を取り、火が通り易いように3㎝角位に切る。
  2. 耐熱容器に入れて電子レンジで7分加熱する(硬ければ2分ずつ追加する)。
  3. 鍋に南瓜を入れてフォークやヘラで潰す。
  4. 水とコンソメを入れてよく混ぜて火にかけ、沸騰したら弱火にして牛乳を入れる。
  5. 味見をして塩気が足りない時は塩を小1/4入れて完成。

〇1人分の栄養成分〇

42.5kcal、タンパク質1.4g、塩分相当量0.8g

食感が残っていても美味しいですが、滑らかにしたい時は水を加えてからミキサーにかけて下さいね。

ではまた!

 

『オールフォト食材図鑑』荒川信彦・唯是康彦/社団法人 全国調理師養成施設協会

『食品学ー食品成分と機能性ー』久保田紀久枝・森光康次郎/東京化学同人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です